BARBANERA / バルバネーラ

絞り込み
      1938年、アルテロ・バルバネーラと妻マリアによって、トスカーナ、チェトーナ地区の小さな村ピアッツェに設立しました。

      今日も本社をその場所に構えています。最初は街角の小さなお店で自家製のワインやオリーブオイル、チーズや生ハムなど食材を販売する小さなお店を経営していましたが、その自然豊かなその土地の魅力を最大限に表現したワイン作りを目指し、その土地に畑を有し家族経営のワイナリーとして創業しました。

      そして今日のバルバネーラはヨーロッパを初めとした世界各国への輸出を主に、躍進的で近代的な経営をしています。トスカーナのワインを中心に、近年急速に人気が高まりつつあるプーリアやシチリアといった幅広いレンジを取り揃え、顧客の細やかな需要に応えられる商品力を培うと共に、ワイナリー自体の技術向上も常に図っています。

      バルバネーラ社は常に「金銭に代わり得るワインの価値」について深く捉え、その哲学が今日の経営の礎となりました。
      小さな家族経営ワイナリーから非常に大規模なワイナリーへと成長し、その生産本数と共に品質も向上し続けています。
      細かなところに注意を配り、常に製造工程の技術向上を図るだけでなく、経験や情熱、イノヴェーション、そして伝統とバルバネーラで働く人々が今日の成功を築いています。


      10 商品

      10 商品